普段の生活で歯を白く保つには

基本はブラッシング!毎日丁寧に磨こう

歯の白さには普段の生活のさまざまな要因が関わってきます。
ブラッシングの仕方や癖、食べ物や磨くタイミング、また個人の歯の色などもあります。
こうした多くのことが関係している中でも、やはり基本となるのは毎日のブラッシングです。

仮にホワイトニングをした後であっても、ブラッシングを怠ればすぐに着色してまた黄ばんでしまいます。
歯の表面に黄ばみ汚れが付着したらそのままになる時間をなるべく少なく、なるべく早く都度ブラッシングすることがオススメです。

磨く時は目の細かいブラシで細やかにブラッシングしましょう。
毎日しっかり時間をかけて磨いているつもりでも、いつもの癖などで意外と磨けていない場所があるものです。
血流を促すためにたまに歯肉を優しく刺激するのも良いでしょう。

色の濃い食べ物に注意しよう

歯の白さを求めているけれど、色の濃いコーヒーや食べ物が好きという人もいるでしょう。
普通に生活していればこれらを完璧に避けることは難しいですし、仕事をしていたり学校へ行っている時間な手をかけられません。

色の濃い飲食物に限ったことではありませんが、食事を摂った時はなるべくその後すぐにブラッシングするか、コーヒーなどを飲んだ時であれば軽く口をゆすぐか水を飲むようにすることで黄ばみを予防することができます。

口の中が乾燥していると感じるような時は特に汚れが吸着しやすいので、適度な潤いを保つようにしておくことも大切です。
歯の白さを保つためには普段のちょっとした注意やブラッシングのタイミングが影響しているのです。