30代化粧品の選び方を知ろう~セレクトで変わる美人肌~

beauty

20代とは違う選択を

30歳になったら考えます

girl

25歳はお肌の曲がり角という言葉をよく聞きます。そして25歳から30代にかけてこの言葉の意味を実感する人が多くいるようです。30代の肌のなやみランキングには、毛穴、ニキビの跡、肌がくすんで暗く見える、フェイスラインの緩み、シミ、しわ、などが常に上位にランキングされ自分もと同じ意見の方も多いと感じます。30代になると多くの方が化粧品、特に基礎化粧品の選び方を変える場合が多いようです。そのための基礎化粧品のランキングもさまざまあります。理由は様々ですがその多くの人は20代のころの化粧品では満足できなくなってしまったということのようです。肌は年齢とともに変化していくので20代の時のように見た目や人気ランキングなどで紹介される流行ものの化粧品に流されるのではなく30代の自分にあったものを見極めて購入する傾向にあるようです。そのなかで30代に一番注目されるのはやはり保湿の部分になるようです。

乾燥対策がとても大切

30代になると20代と同じスキンケアでは肌を良い状態に保つことが難しくなってきます。仕事も責任のあるポジションになったり、結婚、出産、子育てなど自分はもちろん周りの環境の大きな変化も見逃すことはできません。そんな多忙の生活のなかで自分のことが後回しになることは必然で、スキンケアがおろそかになったりすることはもちろんですが、ストレスによりホルモンのバランスがみだれることもよくあります。そんな忙しい30代でも基礎化粧品による保湿だけはしっかり行うことが大切です。保湿といえばセラミドといわれる肌のなかで水分を蓄える役割をする成分をしっかり補うことが大切です。セラミドは年齢とともに減少していくので外部からしっかり水分を補わないとシワがどんどん増えていってしまいます。もちろん寝不足やストレスも乾燥、肌荒れの原因です。最近の30代にオススメ基礎化粧品ランキングにはセラミドをはじめ、コラーゲン、アスタキサンチン、ヒアルロン酸配合とうたってあるものが上位にあるようです。これもまた乾燥対策を多くの人が認識している影響とかんがえます。