30代化粧品の選び方を知ろう~セレクトで変わる美人肌~

beauty

スキンケアの基礎知識

肌の状態を良くする

beauty

基礎化粧品はスキンケアをするときに使用する化粧品のことを言います。「化粧水、美容液、乳液、クリーム」が基礎化粧品の基本です。目的別に美白クリームやアイクリームなどを付け足して使う場合もあります。まだ10代や20代の若いころは美容液を使わなくても大丈夫ですが、30代に入ると年齢による肌の悩みが増えてきます。30代になったら美容液を使って集中ケアをすることで、年齢による肌トラブルの改善、予防ができます。基礎化粧品を正しく使うことで、洗顔後の肌の保湿ができます。朝使用することで、ファンデーションのノリと持ちが良くなり、また、一日の終わりに使用すると就寝中に美容成分が浸透して翌日の肌のコンディションが良くなります。

年齢肌対策に

30代に入ると様々な肌のトラブルが出てきます。しわやたるみ、しみなどは、加齢、紫外線、ターンオーバーの乱れ、不規則な生活、ストレスなどが原因となって起こります。スキンケアをするときには、ビタミンC誘導体やプラセンタ、コラーゲンなどのエイジングケアができる成分が配合された基礎化粧品を使用することで、30代に起こりやすい肌トラブルを改善できます。さらに一週間に一回〜二回はシートマスクでパックをすると肌の潤いがアップします。美容液がたっぷり含まれたシートマスクは沢山市販されています。また、コットンに手持ちの美容液や化粧水を染み込ませて5分〜10分ぐらい顔に乗せておくと、シートマスクと同じように成分が肌に浸透して潤い度が高まります。